2019年度 冬山登山教室募集のご案内

教室申込はこちらをクリック→→登山教室応募フォーム

以前の教室のようすはこちらをクリック

【講座内容】
印刷はこちら(PDF)

雪山初心者から、自己流で登山している方まで、今年の冬は正しい技術と体力を身につけて、仲間と一緒に本格的な雪山にチャレンジしてみませんか? 
登山教室では、装備のそろえ方から、登山の基礎技術、心得まで丁寧にお伝えいたします。
尚、本講座は夏山登山経験者(できればテント泊経験者)の方を対象に進めて参ります。
冬山の特殊性から、トレーニングは歩荷(荷物を担いで歩行する練習)中心に、ピッケル+アイゼン歩行など、冬山に欠かせない基本的な技術の習得を目標としております。長丁場ではありますが、美しい雪山の景色を見に行きませんか?

座学  
第1回目 10月26日(土)午前10時~午後5時  場所:神戸労山事務所
  内容:①オリエンテーション ②教室の概要 ③保険について 
     ④受講の申し込み受付 ⑤冬山のリスクマネージメント 
     ⑥安全対策⑦山の気象 ⑧医療 ⑨地図の読み方 ⑩雪上生活 

第2回目 10月30日(水)午後7時~午後9時  場所:神戸労山事務所
  内容:⑪冬山の装備&服装 ⑫質問など

※座学テキスト:ヤマケイテクニカルブック『登山技術全書③雪山登山』各自購入ください

実技 日程・内容は天候などにより変更することがあります

第1回 10月27日(日) 歩荷トレーニング(F13kg M15kg) 芦屋川~有馬温泉
     まずは試しに!
第2回 11月9日(土) アイゼントレーニング 蓬莱峡(裏六甲山)
第3回 12月7日(土) 歩荷トレーニング(F18kg M20kg)神鉄鵯越駅~摩耶山
     ちょっと慣れたかな?
第4回 1月18日(土) 雪山山行(日帰り) 三室山(兵庫県標高第2位)
第5回 2月1日(土)~2日(日) 雪山山行(テント1泊) 氷ノ山(兵庫県最高峰)
第6回 2月15日(土)~16日(日) 修了山行(テント1泊)
    伊吹山(滋賀県、日本百名山)または荒島岳(福井県、日本百名山)

トレーニング内容と装備について
☆歩荷トレ…雪山テント泊に必要な装備を担ぐと17㎏~になります。段階的に体力づくりをしていきます。

☆アイゼントレ…岩稜帯を歩く練習です。ピッケルの持ち方など、雪山で安定した歩行ができるように練習します。

☆雪山山行…ロープを使っての滑落停止練習、雪崩時に遭難者を救助するビーコン捜索練習、雪山テント泊などを実施します。

☆冬山登山に必要な装備(座学時に詳しく説明します)…冬山用ウェア上下、中間着、12本爪アイゼン、ピッケル、ザック、冬靴、冬用グローブ(オーバー、インナー)、ヘルメットなど。

募集
定 員 若干名(先着順)
受講料 4,000円(座学+実技6回分の費用です。交通費等実費、保険料別途必要、装備購入費用別途必要)
 ※悪天中止の場合も受講料の返金はありませんが、ご了承ください。
 ※他の山岳会等に所属の方は、必ず所属会の承認を得てからお申し込みください。

申込み期間 10月16日(水)まで

申込先 
登山教室応募フォーム』よりお申込みください
ご質問は『お問い合わせ』からお願いします。

よくあるご質問 
Q. 年齢制限はありますか?
A. 19才未満、65才以上は申し訳ありませんが、参加をお断りしています。

Q. すべての日程に参加できないのですが、受講できますか?
A. 基本的に座学は必須となります。実技に関してもできるだけ参加していただくことが望ましいですが、登山教室応募フォームにて申込時に各実技の参加・不参加を記入して下さい。不参加が多い場合はお断りする可能性もありますので、その旨ご了承下さい。

Q. 雪山の経験が全くないですが、参加可能ですか?
A. 雪山の経験が全くなくても大丈夫ですが、夏山登山経験者できればテント泊経験者で10kg以上の重さを担いで長時間歩ける方が望ましいです。不安な方は教室参加前に冬靴を履いて荷物を10kg背負って登山するなど、事前トレーニングをおすすめします。

Q. 装備の貸し出しは可能ですか?
A. 必ず必要な装備(アイゼンやピッケル、冬山用ウェア、寝袋、冬靴、ヘルメットなど)は各自購入をお願いしています。テントやコッヘルは会の装備を貸し出します。またビーコンなど貸し出し可能なものもありますが、数に限りがあります。

Q. 悪天の場合は?
A. 基本的には降雪決行。警報発令時は中止。少雪・雨天による中止の場合もあります。中止の判断はその時のリーダーが行い前日の夜までには連絡いたします。集合時以降に天候が悪化した場合はリーダーがその場所で中止の判断をさせていただく事があります。

Q. 集合場所へはどのようにして行けばいいですか?
A. 公共交通機関が利用可能な場合はそちらを利用していただき、それ以外はスタッフの自家用車に乗り合わせていただくことが可能です。

Q. 保険には加入したほうがいいですか?
A. 万が一の事故の備え、山岳保険など遭難捜索費用の付いた保険に各自で加入されることをお勧めします。詳しくは座学の時にお伝えします。

Q. 受講料はいつ支払いますか?
A. 座学の時に担当者へ現金でお渡し下さい。

皆様のご参加をお待ちしております。

募集リーフレット↓↓↓
2019冬山教室チラシHP用